海洋散骨に関するご質問

Q.
海に散骨すること(海洋散骨)は、法律的に問題ないのですか?
A.
法律上、問題ありません。「墓地、埋葬等に関する法律」で規制されておらず、法務省も「節度をもって葬送の一つとして行われる限りは問題ない(刑法190条の死体損壊・遺棄罪にも該当しない)」との見解を表明しています。ただし自治体が条例で散骨を規制している場合は、その自治体が規制している場所で散骨を行うことはできません。
Q.
海洋散骨でも、役所から許可証をもらう必要がありますか?
A.
お手元のご遺骨を散骨される場合には、必要ありません。お墓を処分して遺骨を散骨する場合には改葬手続きが必要なときがあります(その手続についてはお墓の管理者にお尋ねください)。
Q.
お墓や納骨堂に納めている遺骨の一部だけを散骨することはできますか?
A.
問題ございません。「別の」お墓や納骨堂にご遺骨を納める場合には、分骨手続きが必要ですが、海洋散骨の場合にはそうした手続きも必要ありません。
Q.
遺骨を、そのままの状態で散骨できますか?
A.
粉骨してパウダー状にしないと散骨できません。そのままの形で散骨しますと、産業廃棄物の不法投棄などとして刑事罰の対象になります。
Q.
粉骨をお願いしたいのですが、遺骨を送る場合は、どのようにすればよいのでしょうか?
A.
日本郵便の「ゆうパック」を使って送ることができます(ほとんどの配送業者は遺骨の配送を引き受けていません)。発送の際は、ご遺骨がこぼれることのないよう骨壷をしっかり密封し、丈夫なダンボールなどに収めてお送りください。
Q.
お墓から取り出した遺骨がかなり汚れているのですが、大丈夫でしょうか?
A.
粉骨の前に、汚れたご遺骨をきれいにする必要がございます。ご遺骨を洗う「洗骨」のオプションを用意しておりますので、ご利用ください。洗骨をご利用頂く場合には、そのままお持ち込み/お送りいただいて問題ございません。なお、お墓に納められていた骨壺には水が溜まっていることがありますので、そのようなときには必ず水抜きをしてからお送りください。
Q.
散骨は、故人が亡くなって、どのくらいの時期に行なうものですか?
A.
特に決まりはありません。葬儀後すぐに行われる方もいますし、四十九日後や一周忌などの節目に行われる方もいらっしゃいます。個人様やご家族様のご納得のいく時期に行ってください。
Q.
散骨する海域は、どういう場所ですか?
A.
岸から一定の距離を置いた漁業権などが存在しない海域となります。散骨証明書には、散骨を実施したポイントの緯度・経度を記録いたします。
Q.
遺品などを一緒に撒くことはできますか?
A.
漁業関係者や環境への悪影響が考えられますので、原則お断りさせて頂いております。あらかじめご了承ください。
Q.
遺骨は全て散骨しないといけませんか?
A.
散骨するご遺骨の量については、ご自身でお決めいただけます。全てでも、一部でも問題ございません。ご遺骨の一部を手元に置かれる方のために手元供養品もご用意しております。